スパムフィルタ -Directadmin 日本語解説

Home >スパムフィルタ

スパムフィルタ

 スパムメールは、DirectAdminに標準搭載されている「Spamassassin(スパムアサシン)」が自動的にスパム判定をしてくれます。世界中で広く使われているフリーのスパム判定ツールです。

 「Spamassassin(スパムアサシン)」自体もカスタム設定が可能ですが、あまり触らないほうが無難です。上級者向けの設定となります。

しかしスパム判定には限界があり、すり抜ける場合も多々あります。手動でスパムをフィルタリングすることが可能です。

[1] 「E-Mail Management」内の右側「SPAM Filters」を選択します。

SPAM Filters1

[2] スパムフィルタの設定です。

SPAM Filters2

以下は英文の意味です。

  • Block a specific e-mail address:特定のメールアドレス。入力し「Block」ボタンを押します。
  • Block mail from an entire domain:特定のドメイン。入力し「Block」ボタンを押します。
  • Block all e-mail containing the word:特定のキーワードを含む場合。入力し「Block」ボタンを押します。(下の注釈にありますが、入力時には慎重に。たとえば「put」を設定すると「computer」もスパムフィルタに引っ掛かってしまう事となります。
  • Block all e-mail larger than:一定の容量を超えるメールを拒否。数字を入力します。
  • Enable adult filter: (blocks out common adult phrases, words, and addresses) Disabled;アダルトフィルタ(アダルト的なキーワードやフレーズやアドレスなどをブロック)無効。必要ならば「Enable」(有効)をクリックします。
  • Action for filter matches:フィルタに照合し合致したときの動作。「Drop Email」はメールを捨てる。「Send to spambox」はスパムボックスに送る。